実は間違ってるかも…いまさら聞けないクレンジングの正しい方法

[スポンサードリンク]



殆どの女性が、毎日クレンジングを行っているかと思います。

クレンジングせずに化粧をそのままにしておくと肌が荒れてしまいますが、

間違ったクレンジング方法もあなたの肌にダメージを与えているって知っていましたか?

もしかすると、乾燥肌や肌荒れの原因がクレンジングのせいかも…

「落とすだけだし別に適当でいいや!」と思っている方は、そのクレンジング方法を見直したほうがいいかもしれません。

今回は、今さら聞けないクレンジングの常識を詳しくまとめてみましたので、今後の肌ケアの参考にして下さい!

基本的なクレンジング方法

クレンジングにはオイルやジェル、ミルクなど幾つかのタイプがありますが、使用方法はほとんど同じです。

気をつけたいポイントをまとめましたので、間違った使い方をしていないかチェックしみてくださいね!

  • メイクを落とす前に手を洗う
  • ポイントメイクは先に落とす
  • クレンジングの適量を守って使用する
  • クレンジングは乾いた手で行う
  • Tゾーンから、頬、目や口の順番で洗う
  • ぬるま湯(30〜32度)で洗う
  • 清潔なタオルを使用し優しく水気を取る

メイクを落とす前に手を洗う

手洗い

まず1番目のポイントですが、クレンジング前は絶対に手を洗いましょう!

人の手には多くの細菌が付着しており、肌が弱っている時にその手で顔を触ってしまうと…肌が荒れる可能性もあるのです。

それくらい、人の手には細菌が多く付着しています。

なので、クレンジングの前は必ず、しっかり手を洗って下さい。

ポイントメイクは先に落とす

ポイントメイク

一緒に落としたらダメなの?と思うかもしれませんが、実はしっかりとした理由があるのです。

ベースメイクとポイントメイクを一度で全て落とそうとすると、時間がかかる上に肌への負担が大きくなってしまいます。

肌をゴシゴシ洗ってしまうと、シミやくすみが表れてしまうのです。

また、ゴシゴシ洗ではなく、長時間のクレンジングも肌へのダメージが深刻です。

「優しく洗ってるから大丈夫!」と思っていても肌には刺激が長時間続いている状態なのです。

これも、シミやくすみなどの原因になるので、やめて下さいね!

基本的に、目元や口元のポイントメイクは専用のリムーバーなどを使って先に落とし、ベースメイクを落とすようにしましょう。

ポイントはできるだけ肌に負担をかけないようにメイクを落とすことです。

クレンジングの適量を守って使用する

適量

クレンジングの量が少なすぎると、メイクをしっかり落とすことができません。

また、摩擦が起こり肌へのダメージが大きくなる可能性があるので、お使いのクレンジングのパッケージなどに表記のある適量を使用して下さい。

クレンジングは乾いた手で行う

濡れた手でもOKの記載があるオイルクレンジングもありますが、なければ基本的には乾いた手で使うのが正しい使い方です。

なぜ、オイルクレンジングを濡れた手で使ってはいけないのかというと、オイルクレンジングの油は特殊で親水性と親油性両方を持ち合わせています。

はじめにメイクとオイルクレンジングが馴染んで、メイクを浮かせます。

その後に水分と馴染んで洗い流しができるようになります。

その性質がなければ、オイルはきちんと洗流すことができず、顔の表面に油膜感が残りベタベタギトギトになってしまいます。

もし、クレンジングの前に手が濡れていたら、先に手の水分と馴染んでしまい乳化してしまいます。

そのあとメイクを落とそうとしても、メイクと馴染んでくれずメイクオフすることが出来ないのです!

つまり濡れた手でクレンジングを行うと、メイクをしっかり洗い落とすことができなくなり、メイクが毛穴などを防いでしまい、分泌されるものが排出されなくなり黒ずみや肌荒れの原因になってしまいます。

Tゾーンから、頬、目や口の順番で洗う

クレンジングしている女性

クレンジングを行う順番ですが、先ずは皮脂の分泌が多いTゾーン(おでこ、鼻の部分)から洗い、その次に頬に行きます。

目や口の周りは皮膚が薄くデリケートな部分なので、時間をかけすぎずに優しくクレンジングをなじませましょう。

ぬるま湯(30〜32度)で洗う

熱すぎるお湯でのすすぎはNG。

クレンジングを熱いお湯ですすぐと、肌に必要な水分や油分までも一緒に落としてしまい、肌の乾燥に繋がります。

毛穴から余分な皮脂などが浮き出す温度が約30〜32度くらいと言われています。

触った時にぬるいと感じるくらいが肌には丁度良い温度になります。

清潔なタオルを使用し優しく水気を取る

清潔なタオル

クレンジングを終えた後は、清潔なタオルで優しく水気を拭き取って下さい。

ゴシゴシこすってしまうと、摩擦の影響で肌に負担をかけてしまいます。

これもシミやクスなどの原因になりますので、絶対にNGです。

肌に軽くポンポンと押し当てて水分を拭き取る様にしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

もし、間違った方法でクレンジングを行っているのであれば肌に負担を欠けている可能性があるので、注意して下さいね!

クレンジングの方法を変えるだけで、肌質は改善するので美肌を手に入れて下さいね♪

ちなみに、クレンジング剤が肌に合わず困っているのであれば、肌ナチュール炭酸クレンジンを使ってみて下さい。

毛穴の黒ずみなどにも効果があるのでオススメですよ!

肌ナチュール公式サイト

 

[スポンサードリンク]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)