クレンジングの種類徹底調査!意外に知らないメリット・デメリット

[スポンサードリンク]



そのクレンジング、あなたの肌に合っていますか?

化粧を落とす際、必ず使用しているクレンジングですが「もっと肌に合ったクレンジングないかな?」「クレンジングの選び方は?」など、気になったことはありませんか?

毎日、使用するクレンジングですがメイクの「濃さ」や「肌の状態・特徴」の両方を考えて選ぶのが良いとされています。

しかし、値段や口コミ、デザインなどでクレンジングを選んでいる方も多いのではないでしょうか??

肌に合わないクレンジングを使っていると肌荒れの原因にもなりますよね!

今回は以外に知らないクレンジングの種類とメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さい。

 

クレンジングの種類

クレンジングの種類

クレンジングの種類は6つに分類できます。

  • クレンジングオイル
  • クレンジングクリーム
  • クレンジングミルク
  • クレンジングリキッド
  • クレンジングジェル
  • クレンジングシート

それぞれのクレンジングは、配合されている「成分」や「テクスチャー」が異なります。

クレンジングの選び方の基本はベースメイクの濃さを意識しつつ、自分の肌に合う物を選びましょう。

 

クレンジングのメリット・デメリット

女性の判定

ここからは各クレンジングのメリット・デメリットを紹介していきます。

間違った使い方や肌に合わないクレンジングを使っていると肌荒れの原因にもなりますので、注意して下さいね。

クレンジングオイル

クレンジングオイル

クレンジングオイルは油分や界面活性剤の含まれている量が全クレンジングの中で最も多いのが特徴です。

なので、メイクの落ちは凄く良くウォータープルーフであろうと関係なくメイクをスルスル溶かしてしまいます。

その反面、肌を乾燥させるのであらゆる肌トラブルの原因にも繋がってしまうので、肌の丈夫な人でないと常用は難しいのです。

「クレンジングオイルをやめたら肌質が良くなった」と聞くことがありますが、明らかに肌に合っていなかった証拠です!

クレンジングオイルの正しい使い方は、日焼け止めやウォータープルーフ、落ちにくいメイクなどを使ったときに、ピンポイントで使うべきです。日頃のケアにはおすすめできません。

クレンジングクリーム

クレンジングクリーム

多くの女性に愛されており、クレンジングの中では一番肌に優しいタイプです。

肌に優しくメイク落ちが良いのに、界面活性剤の量がもっとも少ないのです。

ただし、その分手間がかかってしまうのです…

けど肌には凄く優しいので、お肌はプルプルで乾燥知らず。毛穴の中のメイクまでしっかり落とせます!

オイルクレンジングとは違い、使い続けることによって肌質が変化していくので、他のクレンジングが使えなくなるかも。

ただし、オイル成分に敏感な人は使えないかもしれません。

クレンジングミルク

クレンジングミルク

こちらは乳液タイプのクレンジングで、良し悪しもほとんどなく、いたって普通のクレンジングになります。

それなりに使い勝手は良く、メイク落ちや肌への負担も「まぁまぁ」です。

何かに優れているわけではないのですが、どこを取っても悪くない、そんなクレンジングです。

気をつけていただきたいポイントは、厚塗りメイクには向かないというところです。

ナチュラルメイクなら問題なく落とせるのですが、厚塗りメイクだと落とすのに時間がかかってしまい、肌に負担をかけてしまいますので、おすすめできません。

クレンジングリキッド

クレンジングリキッド

一般的に水をベースとして作られたもの、水にも油にも馴染みやすいように作られています。

オイル成分を避けたい人には、おすすめですがそれ以外の人には使うメリットがほとんどありあません。

水ベースなのでメイクとの馴染みは良くなく、脱脂力そのものはかなり強い。「メイクは落ちにくいのに肌は乾燥しやすい」のがリキッドクレンジングの特徴です。

界面活性剤の配合量が多いので、肌への負担も大きく。敏感肌や肌が荒れてる人は刺激を感じたり、炎症を起こしやすくなる可能が高いです。

ニキビやその他の肌トラブルでオイル成分を避けなければならない方以外は、オススメできないクレンジングです。

クレンジングジェル

クレンジングジェル

オイルタイプと水性タイプの2種類があります。

オイルタイプは洗浄力が強い分、肌への刺激も強くなります。

水性タイプは肌への刺激が少なくなっている分、洗浄力に劣ります。

また、肌への刺激の強さを判断する場合、見た目でも判断可能です。

ジェルが透明になっているものは界面活性剤が多く含まれており肌への負担が大きいです。

逆に、クリームのような乳白色のジェルの場合は肌に比較的優しいです。

ニキビなどの肌トラブルで、オイル成分に敏感な方にとってはオススメのクレンジングです。

 

クレンジングシート

クレンジングシート

クレンジングシートは肌にダメージを与える最強のクレンジング方法です。

少量でメイクを溶かす事のできる強力な界面活性剤がシートにはべっとり、そして肌を摩擦で擦る行為が肌に大ダメージを与えています。

基本的には2つの種類があります。

界面活性剤でメイクを溶かすタイプとアルコールでメイクを溶かすタイプです。

オイルやミルクなどに含まれる界面活性剤をシートに染み込ませているのですが、その量が凄く多いということは憶えておいて下さい。

アルコールタイプは「拭き取り化粧水」をシートに染み込ませたイメージです。

こちらもかなり高濃度のアルコールが含まれているので、ニキビや肌荒れが酷い人にとっては苦痛でしかありあません。

どちらにしても、肌に悪いことは間違いないので、どうしてもやむを得ない場合以外は使用しないよう注意して下さい。

 

まとめ

クレンジングしている女性

いかがでしたか?

クレンジングは種類によって肌への負担が大きく変わってきますので、

今まで肌に合わないクレンジングを使っていた方は是非、他のクレンジングを試してみて下さいね!

また、どれもいまいち肌に合わない方は炭酸クレンジングがオススメです。

メイクはもちろん毛穴の黒ずみも落としてくれるので人気が高まってきているので、チェックしてみて下さいね。

肌ナチュール公式サイト

[スポンサードリンク]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)